4年間で学ぶこと|医療事務講座で知識をもぎ取ろう|実になる

医療事務講座で知識をもぎ取ろう|実になる

婦人

4年間で学ぶこと

男女

卒業と同時に

保育士になるには保育士の資格を取得しないといけません。この資格を取得するには保育士養成校の4年制大学、短期大学もしくは専門学校を卒業すると取得できます。仮にこれらの学校を卒業していなくても、「保育士」の国家資格取得試験に合格すれば保育士になれます。今回は、4年制大学と2年制の専門学校と短期大学ではどう違ってくるかを説明します。当然ながら4年間の勉強期間があるため、じっくりと勉強できます。短大や専門学校では、かなりカリキュラムを詰め込んでいる学校もあるようです。2年制の学校だと通常の勉強に加え、夏休みなどに実習を行います。短期間での資格取得可能ですが、かなり忙しくなります。がそのため最近の専門学校では、3年間の勉強期間を設けている学校もあるようです。

他の資格も

4年制大学にかよって保育士のための勉強をするのなら、できれば他の資格も取得しておくと良いでしょう。4年制大学であれば保育士のほかにも「小学校教諭一種」、「幼稚園教諭一種」のような教育資格が取れる学校もあります。学部の名前も学校によって違うので、調べておくべきです。ほかにも学校によっては、「特別支援学校教諭一種免許」の人気資格の取得もできるようです。時間的な余裕がある4年制に通っているのなら、多くのことを学びたいものです。4年間の大学の学費は決して安くはありませんが、一度のキャンパスライフも楽しみたいものです。大卒であれば、初任給でも好待遇で雇用してくれるところもあります。大学に行く事によって、もし保育士が合わないと感じた場合別の道も探しやすくなります。